通販ハム、ソーセージギフトセット手作りハム工房バルツバイン

「自農場産「武州豚」×本格ドイツ製法」のハム・ソーセージ通販ショップ|坂本ファーム・バルツバイン(埼玉県寄居町)

ハム、ソーセージのギフト通販・オンラインショップ。

店長のブログ

作り手の考えや日々の出来事、商品の事について書いています。是非ごらんください!

リンク

会員様限定サービス 会員様限定サービス

商品取り扱い店舗様
商品取り扱い店舗様
 
埼玉県ホームページ 埼玉県ホームページ
 



バルツバインのご紹介

バルツバインのこだわり

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3

2018年もよろしくお願いいたします。

明けましておめでとうございます。

旧年中は多大なるご愛顧をいただきまして誠にありがとうございました。

本年も変わらぬご愛顧頂きますようよろしくお願いいたします。

さて2018年も本日から元気に営業いたします。

2017年を振り返ると、とても充実した1年でした。9月に開催した「第3回オクトーバーフェスト」には300人を超えるお客様にご来場いただき盛大に開催することができました。
10月にはドイツへ研修へ行き、ニュルンベルク・シュトゥットガルト・ミュンヘンと回り様々なソーセージを食べ、大いに学ぶことができました。

本年からはバルツバインにとって大きな勝負の年となります。
皆様によりおいしいソーセージ、豚肉を提供することはもちろん、現在構想中の事業も急ピッチで進めていきますのでお楽しみに!


では2018年も本気で頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!

2018-01-06 11:42:20

コメント(0)

枝肉

先日、屠畜場に枝肉(豚を屠殺後半分に割った状態)を見に行ってきました。

定期的に枝肉を見に行くようにしています。それもソーセージづくりには大切な事です。

原料肉(豚)の状態を枝肉から判断し肉の特徴や改善点を把握するためです。

見るポイントは骨格、脂の付き具合・質、肉の状態などを総合的に判断しソーセージを造る際のイメージを掴みます。

こういった枝肉を見られるのも生産から行っている弊社だから出来ることです。


農場担当の弟と一緒に行き、改善点、課題等見つけることができました。
農場と一丸となり皆さんにより美味しい豚肉、ソーセージをお届け出来るよう努めます。

余談ですが豚肉にもその農場により旬があることを知っていますか?

最も脂がのり赤身が美味しくなる時期があります。当農場では年にもよりますが、11月頃から3月頃までが最も美味しい時期です。

これは日々豚肉を食べ、枝肉を見て、生体(生きている豚)を観察していなければわからないことです。
当店の豚肉はまさに今が旬です。1年の中でも最も美味しい豚肉をご堪能頂けるこの時期にしゃぶしゃぶのギフトのご注文を多く頂いており大変嬉しく思います。




 

2017-12-06 09:12:55

コメント(0)

デブレツィナー

只今、店舗の方では連日お歳暮予約をされるお客様のご来店が多くなって参りました。

工房の方でもハムやソーセージの製造で忙しくさせて頂いております。

そんな中、先月ドイツ・シュトゥットガルトに行った際にレストランで食べた「デベルツィナー」というソーセージを造りました。
シュトゥットガルト名物の一つでもあるソーセージです。

バラ肉をふんだんに使い、ピリ辛ジューシーでパプリカパウダーを入れ、太めの羊腸に充填、強めのスモークをかけ仕上げてあります。





シュトゥットガルトのレストランではザワークラウト(キャベツの酢漬け)の上に盛られていました。
ビールがすすむソーセージです。


ボイル後、フライパンに油を引かずにコロコロ転がしながら焼き色を付けお召し上がりください。

デブレツィナーは現在、店舗販売のみとなっています。

2017-11-24 17:35:45

コメント(0)

熊谷農業高校

先日までドイツへ1週間ほど行ってきました。ドイツでの事はまた今後ブログにてレポート致します。

先月、母校である熊谷農業高校さんの畜産科から、生徒さんたちが育てた豚を使って加工品を製造してほしいとのご依頼を頂きました。
実はご依頼を受けるのも今年で3回目。毎年、文化祭で生徒さん自ら販売しています。

今年は2頭の豚を加工させて頂きました。毎年、給餌する餌を変え、試行錯誤なさっていますので毎回、特徴的な豚肉が仕上がってくるのでこちらとしてもワクワクします。

生徒さんたちが長い間かけて育てた豚。余すとことなく使い3種のスモークウィンナーと精肉でのスライスで納品させて頂きました。

前回までの文化祭には予定が合わず行けなかったのですが、今年は行けました。
16年ぶりの母校は、校舎など変わっておらず、懐かしさいっぱいです。

文化祭の雰囲気は私たちの時代とは少し変わっていました。
近隣のお客さんがたくさん来場していました。また農作物や加工品も豊富に販売されていてびっくりです。

学食にもよりお昼を頂きましたが、学食も全く変わってなく当時を思い出しながらカレーを食べました。

滞在時間は長くは取れなかったですが、伺うことが出来てよかったです。


自ら育てた豚が肉・加工品になり食卓に並ぶ一連の流れを体験出来るのは貴重な体験です。豚の命を頂き、消費者に繋ぎ、また血となり肉となる。命のバトンを渡す仕事を少しでも学んで頂けたら幸いです。

2017-11-09 17:46:51

コメント(0)

第3回オクトーバーフェスト無事に開催しました

9月3日(日)に開催した「第3回オクトーバーフェスト」無事に開催いたしました。
台風の接近などひやひやしたところもありましたが当日は天気にも恵まれ大変多くの方にお越しいただけることができました。







40席ご用意させて頂きましたが1日を通して満席状態でした。


1番人気のウィンナーの盛り合わせとボックビール

大体1日で300~400名のお客様にお越しいただき予想以上の反響に驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。
開催にあたり多方面での関係各位の皆様にご尽力いただき開催できたことを心から感謝申し上げます!

また来年も多くのお客様にお越し頂き、喜んでいただけるようなイベント致します!

 

2017-09-12 18:38:15

コメント(0)

オクトーバーフェスト情報

オクトーバーフェスト情報。
今回のドイツビールは2種類です。
 
アルピルスバッハー・クロスターブロイ社
ドイツビールの伝統を継承した
900年以上の歴史を誇る修道院醸造所ビール
 
・スタークビア
アルコール度強めの7.3%!重厚で飲みごたえのあるボックビール。
 
・ツヴィッケル
伝統醸造方式を基に作られた、麦芽の苦みを感じられる伝統的な無濾過ビール。

2種とも樽生です!
なかなか飲めないドイツビールの樽生を是非!




2017-08-29 17:28:29

コメント(0)

所沢ビール

9月3日(日)に開催のオクトーバーフェストでは「所沢ビール」さんのクラフトビールも3種ご用意いたします。

ペールエール
柑橘系のスカッとしたビールで肉料理によく合います。
ファラオ...
ブナの燻煙が効いたビールでソーセージなどバーベキューにはピッタリ。
燦々午後
パッションフルーツの様な華やかな香りで苦みが少なく女性にもおすすめ。

埼玉の地ビールと当店のハム・ソーセージをお楽しみください。



2017-08-23 17:16:37

コメント(0)

オクトーバーフェスト

大変多くのお客様にご利用いただいたお中元も終了しました。

年々ギフトをご利用くださる方が増えている状況で感謝します。


さてお中元シーズンから休むことなく次は「第3回オクトーバーフェスト」を9月3日(日)に開催いたします。
南ドイツ・ミュンヘンで毎年開催される世界最大のビールの祭典「オクトーバーフェスト」に因んでバルツバインでも
毎年開催しています。

ドイツビールとバルツバインのハム・ソーセージを堪能するイベントです。

去年、販売したフード

腸詰の盛り合わせ



ヴァイスブルスト


ホットドック



グーラッシュ(ポークシチュー)



こんな感じのフードとドイツビールです。
去年までは白、黒ビールの2種類でしたが今年は日本のクラフトビールも3種ご用意いたします。
お楽しみに!


また随時情報をアップします。



 

2017-08-18 14:55:53

コメント(0)

お中元

厚い日が続きます。
これからが夏本番!皆さん体調にはくれぐれもお気を付けください。


只今バルツバインではお中元ギフトを大変多くのお客様にご注文いただいております。
ギフトを贈った方も受け取った方も双方が喜んでいただけるよう努めておいります。

お中元時期も後半戦となりましたがまだまだご注文承っております。

今年も埼玉県熊谷市の「MK Farm」さん手づくりの「花咲くピクルス」とバルツバインの加工品がセットになったギフトを
展開しております。
ピクルスとソーセージは相性抜群です。ビールを飲みながら一緒に召し上がって頂き「美味しい」と喜んでいただくお客様の姿を
思い浮かべながら造ったギフトです。

「花咲くピクルス」はMK Farmさんが試行錯誤を重ね、花の形に野菜を型抜きし色合い等のバランスを見ながら丁寧に造られています。

是非この機会ご利用ください。




 

2017-07-17 17:49:30

コメント(0)

ローブリュー

南青山にあるフレンチレストラン「ローブリュー」へ行ってきました。

オーナーシェフ櫻井信一郎氏が、5年間のフランス滞在中、最も愛したバスク地方に思いを馳せ、豚肉料理をメインに、手作りの生ハムや、ソーセージなどを盛り込んだ骨太なフレンチとして、お客様の舌と心に染みるようなお料理を提供しているお店。
ローブリューさんもまた素敵なお店です。


今回も毎度行っている豚肉勉強会です。
お目当ては「天城黒豚」。


その前に幾つか頂きました。


ガルシア栗豚の肩ロースハム。


自家製の生ハム。



ガスパチョ


どれも優しい味でとても美味しい。




骨付きのまま炭火で焼き上げます。


本命の天城黒豚。330日肥育、メス

脂がとても美味しい。香りもよく口の中でさーっと溶けていきます。

赤身も力強くきめ細かく味がしっかりしています。



シェフの焼き加減も最高でした。


当農場もこういった豚肉をつくりたいと思います。豚に感謝です!
今回もいい勉強をさせて頂きました。



ローブリュー


 

2017-06-23 16:30:52

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3