通販ハム、ソーセージギフトセット手作りハム工房バルツバイン

「自農場産「武州豚」×本格ドイツ製法」のハム・ソーセージ通販ショップ|坂本ファーム・バルツバイン(埼玉県寄居町)

ハム、ソーセージのギフト通販・オンラインショップ。

店長のブログ

作り手の考えや日々の出来事、商品の事について書いています。是非ごらんください!

リンク

会員様限定サービス 会員様限定サービス

商品取り扱い店舗様
商品取り扱い店舗様
 
埼玉県ホームページ 埼玉県ホームページ
 



豚が肉になるまでのお話

バルツバインのご紹介

バルツバインのこだわり

養豚から販売まで

■養豚現場から販売まで

普段何気なく食べている豚肉も元は生きていた豚です。私たちが生きていく上で「食」は欠かせません。
豚以外にも牛や鶏、その他の動植物の命を頂いて生かされています。私たちは他の命を頂かなければ生命を維持することが出来ないのです。
このページにある写真をご覧頂いて「かわいそう」とは思わず、「感謝」の気持ちでご覧頂ければ幸いです。

 

坂本ファームでは自社で雄豚から精液を採取し人工授精にて種付けを行っています。
正常に種がついてから約114日ほどで出産となります。写真は産後間もない子豚の写真です。
産まれてからすぐに母豚の乳頭を傷つけないために全ての子豚の牙を切ります。
またしっぽ、雄は去勢をします。
疫病感染を防ぐため、去勢は睾丸があると獣臭が強い肉になってしまうからです。
生まれたては数百グラムほどしかありませんが出荷時期になると115~120kg程まで成長します。
1頭の母豚が1年に2回ほど出産します。

 



豚はその成長と共に小屋を移動し出荷まで飼育します。
産まれてから約24日で母豚から離し離乳します。離乳豚舎への移動です。
その後、約3週間で子豚舎へ移動。この頃には約25kg程に成長。

 




子豚舎で約3週間飼育した後、最後のステージ、肥育豚舎へ移します。
肥育豚舎で体重115kg程まで飼育、産まれてから出荷するまで弊社では平均約170日間かけています。
美味しい豚肉を作るにはゆっくり長く飼育するのも1つの条件です。ですが長く飼えば飼料コストや
人件費、その他の経費が飼育日数分かかります。回転のいい生産をするためには子を多く産ませ早く
出荷することが生産現場では必要とされます。
ですが、それでは美味しい豚肉は出来ません。生産と美味しさは反比例するのです。
そこで坂本ファームでは生産性も損なわず美味しい豚肉をつくれないかと考え、品種にあった飼料開発、環境、
一番脂がのり赤身に味が出て美味しい出荷日齢を探り今の形態となりました。
 

 



農場から出荷後、屠殺場で屠殺し写真のような状態になります。
ここからロースやバラなどに分けられスーパーや小売店、レストランへと納品され
消費者の皆様の食卓に並びます。

肉になると生きていた状態の事は中々見えてきませんがこのように見てみるとまた違って見えると思います。
当店では各部位ごとにカットしてもらい自社の豚を1頭単位で戻し、加工品を製造しています。

ロース ・・・ ロースハム
バラ ・・・ ベーコン
肩ロース ・・・ ショルダーハム
ひれ ・・・ ひれハム
うで・もも ・・・ ソーセージ
など部位ごとに商品も変わってきます。





このような行程を経て生産から加工、販売までを行っております。

このページをご覧頂いた方が、少しでも養豚の事を知って頂き「食」に関しての理解が深まること願っています。